ホーム > 趣味 > 結論を先に述べてから

結論を先に述べてから

エンドレスのストーリーや、ポイント、目的が分からないスピーチは

聞いている方も面白いはずがありません。

また話している方も必死で、内容までは相手がどう受け止めているのかという

ところまで考えられないのかもしれませんが、それではせっかくのスピーチも台無し。

まず結論は先に述べて、正解、説明は後です。

何か目的があって、伝えたいスピーチをする場合は結論を先に述べてから

説明の構成をもつようにします。

参考 あがり症改善 児島

ですがまれに、結論を後回しにして(結果など)先に経緯を説明する場合も

あります。裁判の主文後回しではないですが、それにかかわる

経緯を説明することで、最後の結果が「どうなるんだろう?」と導きだす場合に使われます。