牛タンがメジャーになった理由

牛タンがメジャーになった理由

いまでこそ、どこの焼肉屋にいってもメニューにのっているタン塩。

しかしその歴史は以外に浅いってご存知でしたか?いわゆる正肉以外の部分(モツ)を食べる文化が広がったのは戦後のことで、それもあまり一般的とは言えないものだったようです。

一気にメジャーになったのは、仙台で1948年に牛タンの専門店ができたからだとも言われています。

それでも最初は労働者や男性向けの珍味という扱いだったらしいのですが、高度経済成長をむかえ仙台への単身赴任や出張したサラリーマンから全国へ味が広がり、それが外食産業に普及していったようです。

またこの時期に大手マスメディアに取り上げられ、高蛋白低カロリーの宣伝で広まったのが受け入れられた原因かもしれません。

人に歴史ありといいますが、まさに牛タンにも歴史あり!いまや仙台の牛タンといえば日本での知名度はもちろんのこと、海外の観光客にも好まれるワールドワイドな商品になっています。

こんなに出世した食品もめずらしいかもしれませんね。