仙台牛タンの意外な真実とは?

仙台牛タンの意外な真実とは?

数年前に仙台に旅行にいったときのこと、お土産にタンの味噌漬けを買って帰って原材料の欄をみると「アメリカ産」表記が・・・。

「お土産だから仙台牛は使ってないか。

」と半ばあきらめて、その後すっかり忘れていたのです。

しかし先日友人から仙台土産をもらって、ふっと裏を見てみるとやはり「アメリカ産」でした。

気になって調べてみると仙台牛タンのほとんどがアメリカ産かオーストラリア産の牛を使っているらしいのです。

その理由は国産牛では値段が跳ね上がってしまうという点がひとつ。

牛タン専門店が多くほかの部位は使わないので1頭買いが基本の国産牛は非常に使いにくいそうです。

もうひとつの大きな理由は、アメリカ産のタンが非常においしいという点です。

国産のものに比べても脂が多く柔らかいため、食べたときにジューシーな食感に仕上がるそうです。

海外産=悪いものと決め付けていた私は、目からウロコでした。

お土産の牛タンはその後おいしくいただき、友人ともその話で盛り上がることができました。