仙台の牛タンはほかとどう違うの?

仙台の牛タンはほかとどう違うの?

牛タンといえば仙台、もはや全国区の人気ですよね。

仙台のタンは塩で味付けしたものより味噌漬けの場合が多く、店によって味が違います。

また全体的に焼肉のタン塩よりも厚切りで、サイドメニューとしてテールスープなどがついた状態で定食として出されることもあるそうです。

仙台で食べた場合は焼いてから出される場合が多いですが、お取り寄せなどで購入した場合自宅で焼かなくてはなりません。

その際に注意していただきたいのは強火で焼くということです。

強火で一気に焼くことによって肉汁が内部に閉じ込められ、食べたときジューシーな食感となります。

あと注意するのは、焼きすぎないことですね。

せっかくの牛タンがパサパサになってしまいます。

要点をまとめると、強火でサッとあぶるように焼くこと、あまり頻繁に裏返すのもよくないようです。

ご飯のオカズでも、ビールのおともでも最高の仙台牛タン。

現地にいかなくてもネットで簡単に購入できますので、みなさんも一度おためしあれ!